Spielraum

— 制度的規整の機能と限界 —

ベルンハルト・ワルデンフェルス/水谷正彦 訳
『理想』1984 5 No.612 特集:現象学

芸術の規則にのっとって行動するとき、われわれは至ところで吟味済みの規則性と天才の独創的な無規則性とが対立し、規則性の杓子定規な強制と天才風の奔放とが互いに批判しあうのをみる。しかし、だからといって規則と法則の性格そのものが犯しがたい諸規則に従っているとは言えない。近代が動揺していくきざしのなかで、規則に規定されるもの(Geregelte)と規則に規定されないもの(Ungeregelte)の関係についての古くからある問いが新たな光の下に連れ出される。
出来上がった意味よりも、意味の生成にねらいを定める現象学が成り立つとすれば、それこそこの問題を手がけるにふさわしいものであろう。まず、行為は徹頭徹尾規則に規定されているのではなく、単に規則に従うだけにはとどまらぬものであるということがすべての行為に関して言える。これは一般的開放性(generelle Offenheit)という形で問題にすることができる。つまり、規則は行動の一般的な指令なのであって、この指令によってすべての適用例と遂行条件が先取りできるわけではないのである。例えば、テニスの規則はボールをどのくらいの高さまで打ち上げてよいかということを指定しはしない(Wittgenstein 1960, No68)。またゲームにはエレガンスということがあって、それも同様に規則から導出することはできないものである。われわれの行動はつねに一定の遊動空間(Spielraum)のなかで動いている。

Impression or Expression

 

虚実の有無を敢えて問えば夢現
網膜感度の差異ほどに「実存する虚空」と云う夢現


 

印象 入射する光
受光するフィルム/イメージ・センサー
現像 浮上する影 表現?
Impression or Expression
印象と表現 受動と能動
その転換点の特定の試みと破綻の記録

 

fifth Season

季節の回帰性がもたらす春夏秋冬という概念。
ふとしたはずみに何処に帰属すればよいのか戸惑う空気。
空隙、狭間、魔逢時、Twilight Zone、8月のサンマもサンマは「秋刀魚」

 

Blues 2007

ブルー・ノート・スケール
いやいや、ただただ日常の「憂鬱」
いやいや、ただただただの「Blues」

 

Monochrome2007

白と黒という絶対的な二項の間には無限の「色」が存在する。
それはあたかもE.レヴィナスの著書「全体性と無限」の表題そのままである。
あるいは、エッシャーの騙し絵か?
白と黒で構成される全体性の中に閉じこめられた表現の可能性の無限。
あるいは写真という具象の道具が白黒という抽象を表現するという矛盾。
全体性と無限 具象と抽象 即ち「Monochrome」


 

たま葱と鰹ぶし

その時私はまた海の底の蟹のことを思い浮かべた。雲がわきかえり、海がうねるにつれて、食欲が募り、岩間の匍行がせわしくなり、白い肉が熟れていく。卵巣の成育も空と海の動きの一部であり、岩角で醜悪な鋏みをもわもわと動かすのも海のうねりを感じて藻が揺れ動くのと少しも変わりがない。それなのに蟹は重い甲羅を引きずってまるで生きていくことがそのまま、一種の病のように見るからに苦しそうに海底を這いまわっている。甲羅ができる前には半透明の膜につつまれたプランクトンの仲間として海中を漂い流れ隅々ほかの土き物の餌食になるのも、ほとんど死とさえ言えなかった。だが甲羅ができてからというもの、どんなに空と海と感応して生長しても蟹の生命はもう甲羅の中から、歩も外へひろがり出ることができない。そして蟹はわれとわが生命に病んで、刻一刻と甲羅の中に死を育てていく。無数の卵を海中へ放出して、再び自然の中へおのれの存在を拡散させようとしても結局は何の救いにもならない。その後にも蟹の生命は甲羅の中に残りそのまま甲羅の中で最後の異和感を死ぬ。紅い卵巣の中で鍼が黒く錆ついていく。

(古井由吉『雪の下の蟹』)

 

Post Man

我家は日々是盆暮正月也・・・Boss殿 談

 

Web Site 「遊動空間 Spielraumu」

  • Spielraum
  • Impression or Expression
  • Twilight Zone
  • Macと飼主と爆弾と…(M.O.B)
  • たま葱と鰹ぶし(Onion&Bouillon)

これらのコンテンツに関するご意見、お問い合わせはここから

Twilight Zone