iPhone X 対応への顛末記

最後にアップデートしてからそろそろ1年が経とうとしているCheekBalloon。この間にリリースされたiPhone X、このデバイスに少なくとも画面だけでも対応しなくてはと、ッと思い続けてきた1年なのだが、未だ未対応・・・

そうこうしているうちに9月。例年通りだとiOSのメジャーアップデートに2018年版iPhoneの発表、リリース。

今年に限って云えば新しいiPad Proのリリースもほぼ間違いない・・・

またまたアップデートが必要になる季節が目前なのだ。

と云うことで、当初、7月中にX対応、ッと目標を設定したのだが、相変わらず愚図の飼主、既にこの目標の達成は破綻している・・・

ならば、8月中には何とか対応したい・・・

そんなこんなのiPhone X対応への顛末を順次追記でアップしていこう。

とりあえず、飼主のXcodeは9.4.1 Swiftはターミナルに以下のコマンドで確認。すると「4.1.2」あと、このコマンドから戻ってくるには「:exit」

$ /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin/swift -v

で、CheekBalloonのファイルを開くとドバァ〜ッとアラート。

さてと、まずはこのアラートの処理からだね・・・


8月21日火曜日現在、顛末から云うと飼主が想像していたよりも遥かに簡単(容易)にXへの対応が完了して審査も無事通過、8月7日には Ready for Sale となっていた。

基本的にはConstraintsの修正のみでどうにかなる作業だったのだが、とことん躓いたのは、アプリ(アップデート)の申請に必要な証明書の手続き。

1年も放ったらかしだと次の2つの証明書が期限切れになる。

CertificateSigningRequest.certSigningRequest

ios_distribution.cer

と云うことで、この2つの証明書の更新手続きの整理が急務だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください